Menu

年齢が高めになった方々は、たまに肌の見た目に関する問題を抱えています。とりわけシワが気になっている方々は、とても多いのです。
そもそも年齢を重ねますと、やはり若い頃とは体質が大きく変わってくる傾向があります。とりわけ新陳代謝や保湿力などは、だいぶ状況が違ってくるでしょう。若い頃と違い、肌のみずみずしさが若干弱くなるケースも見られます。
そういう要素が心配な時には、出張マッサージを検討してみる選択肢もあるのです。マッサージと聞くと、多くの方々は疲労回復をイメージする傾向があります。それは間違いではありませんが、実は美容に関しても一定の力が期待できるのです。
そもそも肌のシワなどは、やはり新陳代謝や血行などに大きく左右される傾向はあります。それでマッサージによる施術を受けると、そういった要素が大きく改善されるケースも目立つのです。施術を受けると、血のめぐりが好転されるという話は有名でしょう。
何よりも出張マッサージならば、自宅で施術を受ける事ができます。遠いお店に行く手間が不要ですから、それだけ楽に肌の状態が若くなると期待できる訳です。できるだけ手間を抑えてシワを改善したいと思うなら、出張マッサージはおすすめと言えます。

「粋」だなぁ~「木場」

東京の地名にはいかにも関東の感じで、いわゆる「粋」だなぁ~と思わせるものがたくさんあるように思います。
「木場」もそのひとつです。
大人になるまで関西で育った私には「木場」という地名はちょっといなせなお兄さんが火消しの半纏を着ていて、その手には纏が持たれてとどんどん妄想が進んでいく感じです。
そんな粋でいなせなお兄さんたちが歌う「木遣り」という労働歌は木場が本場だとか。
木遣りは伝統的なものですが、今もいろいろなところで耳にすることがあります。
日本の文化は廃れる一方ですが残してほしいもののひとつです。
火消のお兄さんたちが歌う木遣りは、もともと材木を扱う人たちが大きな木を扱うときに息を合わせて仕事をするために歌われたものだとか。
江戸時代には大火と呼ばれるような火事があちこちの集落でたびたび起きて、その際に日本の各地から江戸に集められた材木が木場に来たそうです。
今は木場は埋め立てられているのですが、そのころには木遣りが聞こえる活気あふれる土地だったのではないでしょうか。
昔木場に集められていたように、現在では新木場にたくさんの材木が集められて貯木場として機能しています。
木場の貯木場は木場公園に姿を変えています。

ホームに戻る