Menu

世間の業者は、なぜか誤解を受ける事があります。いかがわしさ等に関する要素が、特に気になっている方々も見られるのです。
例えばご主人が出張マッサージを受けるような状況です。そういう事は、大いに考えられるでしょう。
ところが奥様としては、そういったマッサージに対して、たまにいかがわしいと思っている事があるのです。マッサージの会社がよく分からないので、そういった気持ちが生じる事もたまにあるとの話もあるのです。確かにその業種がよく分からない段階では、大いに誤解はあり得るでしょう。
しかし、それは本当に誤解です。いかがわしいサービスではありません。
現にマッサージの会社としても、公式サイトでそれを明示しているでしょう。いかがわしいサービスではありませんから、ご安心下さい等とアピールされているケースも多々あります。
それどころか、むしろポジティブなサービスと言えるのです。純粋にマッサージを行ってくれる業者ですから、何も問題はありません。というよりも、上記のような状況ならば、ご主人の疲れが大いに改善されると見込める訳です。したがって奥様としても、それは前向きに考えた方が良いと思われます。決していかがわしいサービスではありませんから、安心です。

ぶらりと新旧の木場を歩く

木場のイメージはというと、映画ファンは1964年の東映映画で任侠映画の金字塔『日本侠客伝』で、高倉健演じる辰巳の長吉が暴れまわる粋でいなせで痛快な荒っぽい男の世界をすぐ連想するのですが、あの世界がもはや遠くなって、木場の貯木場は新木場に移設され、跡地は広大な敷地を持つ緑が豊かでゆったりとした木場公園に変わったいうことを考えながら、園内を散策すると今は静かなこの場所が、往時はどれくらい活気が溢れていたのだろうと思うとふと足が止まります。
この場所に来るもう一つの楽しみは、木場公園の北側にある東京都現代美術館を訪れることです。現代アートと言っても最近は、特撮展やジブリ展などの親しみやすいテーマで企画展示を行っていますので、随分敷居が低くなったと思います。常設展のコレクションも海外の美術館に匹敵する充実度で、広々とした館内でゆったりと時間を忘れて非日常的な現代アートの世界と向き合うことができます。
清澄通りをさらに北上すると、大正時代のモダン建築の傑作、同潤会アパートの美しい曲線のモダンレトロな勇姿がありましたが、残念ながら時代の波にのまれて今はもう見ることができません。ちょっと歩くだけで、歴史の隙間にタイムスリップしたような感覚で街を歩けるのが木場の魅力でしょう。

ホームに戻る